本文へジャンプ

免責事項

コンプライアンスポリシー

1.
社会的使命
当社は、常に感度の高いソフトとメディアを提供し、高度情報社会に通用するライフスタイルの提案をとおして、社会に貢献する。
2.
利害関係者の尊重
当社役員及び全従業員等は、顧客・株主・取引先等の利害関係者を尊重し、利害関係者の利益を考慮して行動するものとする。
3.
法令の遵守
当社役員及び全従業員等は、その不正行為により、当社に対する信頼が著しく損なわれる恐れがあり、そして、それを回復するのがどれほど困難か認識する必要がある。
したがって、当社役員及び全従業員等は、インサイダー取引や贈賄に関する法令を含む、全ての適用ある法令諸規則及びその趣旨を正しく理解し、これを遵守しなければならない。
4.
私利追求の禁止
当社役員及び全従業員等は、機会あるときは常に、当社の利益のために行動する必要がある。
そして、当社役員及び全従業員等は、当社の施設や情報、または当社における地位を、自己のために利用してはならない。
5.
利益相反の防止
当社役員及び全従業員等は、当社との利益相反を生じさせ、あるいはそう見られるような行動をしてはならない。
当社役員及び全従業員等並びにその親族は、当社における地位を利用して、当社から不正な個人的な利益を得てはならない。
6.
守秘義務の遵守
当社役員及び全従業員等は、開示が認められる、もしくは法的に義務付けられる場合を除き、顧客情報を含む職務上知り得た情報、その他当社に関する情報を、機密として保護しなければならない。
7.
公正な取引
当社役員及び全従業員等は、その事業を行う法域における公正な取引慣行を尊重し、当社の顧客・取引業者・競争相手・役員及び全従業員等の全てに対し、公正に接することを心がけなければならない。
そして、当社役員及び全従業員等は、情報の提造・隠匿、機密情報の濫用、重要事実の不実表示その他の不公正な行為によって、他者に不利益を与えてはならない。
8.
会社資産の保護と利用
当社の資産は、適法な目的にのみ利用されなければならない。
そして、当社役員及び全従業員等は、当社の資産を保護し、これを有効に利用しなければならない。
9.
記録の保存
当社役員及び全従業員等は、適用ある法令及び当社または当社各社の社内規則に基づき、当社の業務及び財務に関する書類を正しく作成し、所定の期間保存しなければならない。
また、訴訟や当局の検査に関連して、虚偽の書類作成や、意図的な関係書類の隠匿・破棄は厳に行ってはならない。
10.
人権の尊重
当社役員及び全従業員等は、差別を禁止し、人権を尊重し、国籍・人種・民族・性別・年齢・宗教・信条・社会的身分・障害の有無等を理由とする、差別や嫌がらせを一切行わないものとする。
平等な雇用機会と働きやすい職場環境、平等な雇用機会を確保し、当社役員及び全従業員等に対して、健全で働きやすい職場環境を維持するものとする。
11.
違法又は反倫理的な行為の報告
当社役員及び全従業員等は、会計及び会計監査に関する事項を含む違法又は反倫理的と思われる行為を発見したときは、当社が定める社内通報制度により、迅速に報告しなければならない。
当社役員及び全従業員等のうち、上記の社内通報窓口となっている者は、そうした行為の有無及びその内容を調査し、必要な場合は、その是正及び再発を防止するための適切な措置をとらなければならない。
12.
不利益取扱いの禁止
当社役員及び全従業員等は、違法または反倫理的な行為を、不正な目的なく報告した個人に対し、そのことを理由として、いかなる不利益となる取扱いをしてはならない。
13.
反社会的勢力及び団体
当社役員及び全従業員等は、反社会的勢力及び団体と一切の関係を持たず、一切の取引を行わず、一切の資金提供も行わない。
14.
財務関係役員及び全従業員等の倫理規程
上記に加え、全ての財務関係役員及び全従業員等は、以下を遵守しなければならない。
  • 個人と専門的職業の関係における実際の、または明らかな利益相反に対する倫理的な対処を含む、誠実で倫理的な行為を促進すること。
  • 適用されるすべての会計原則、法律及び規則を遵守すること。
  • 本条違反を発見した場合、当社で定める社内通報窓口へ迅速に報告すること。
  • 本条の遵守を確保すること。
  • 財務関係役員及び全従業員等は、当社各社の財務諸表の監査に従事する監査法人に対し、直接または間接的に、当該財務諸表を重要な点で誤解を生じさせる目的で、脅迫・操作、または誤導する行為を行ってはならない。
「財務関係役員及び全従業員等」とは、当社代表取締役会長、代表取締役社長、管理部担当役員並びに会計業務及びIR業務に従事する全ての全従業員をいう。