News

NEW

スペースシャワーネットワーク、旧譜楽曲を活性化しストリーミング再生数を上昇させるDXソリューションを野村総合研究所と共同開発

株式会社スペースシャワーネットワーク(代表取締役社長:林吉人、本社:東京都港区)と株式会社野村総合研究所は、旧譜カタログ楽曲を活性化しストリーミング再生数を上昇させる新たなDXソリューション "Discovery Dashboard" を共同開発し、リリースしました。

従来、膨大な 旧譜カタログ楽曲を保有する音楽レーベルは、注力すべき楽曲を発見するために煩雑なデータ解析作業が必要であり、多くのリソースを必要としていましたが、"Discovery Dashboard" を活用することで、収益性の高い楽曲を特定し、効率的にプロモーションを行うことが可能となります。

開発の背景

近年、音楽業界ではストリーミングサービスが急速に普及し、その市場規模は世界中で著しい成長を遂げています。全世界の音楽サブスクリプション利用者数は、2022年末の5億8900万人から、2023年末は6億6700万人へと増加トレンドが続いています。(Music Ally Japan 「IFPI」最新レポート解説記事より)

ストリーミングサービスの普及により、新曲だけでなく過去のカタログ楽曲にもアクセスしやすくなり、再発見される機会が増加しています。このような背景から、カタログ楽曲の収益性が再評価されており、その管理と活用がますます重要な課題となっています。

 

"Discovery Dashboard" の特徴

・データ分析と視覚化:アーティスト/楽曲のストリーミングの再生データや売上データを総合的に分析し、成長性を視覚的にわかりやすく表示します。

・プロモーション戦略の最適化:収集したデータを基に、効果的なプロモーション戦略を提案。過去のヒット曲の再活性化を図ります。

・直感的なユーザーインターフェース:ドーモ株式会社が提供するクラウド型データ活用プラットフォーム「Domo」上に構築することで、誰でも簡単に操作できるユーザーインターフェースを実現し、効率的にデータを活用できるよう設計されています。

 

経営マネジメント視点での、音楽業界における経営判断の高度化につながる要点

ストリーミングサービスの普及は音楽業界の構造を大きく変えました。これにより大量に獲得できるようになったデータの活用の重要性を浮き彫りにしました。

消費者のコンテンツ消費状況を表すこの膨大なデータを活用することで、消費者ニーズを高い解像度で把握し、アーティストと事業の成長を促進することが可能です。

そして、このデータで見えることとビジネス上の経営判断をつなげていった点が本開発の重要な点でありました。音楽業界では感性が重要な経営判断要素であるため、データと感性のバランスが求められます。経営コンサルティング視点を活用し、ビジネス構造を抽象化し、金融等の他業界の意思決定メカニクスを音楽業界に適用することで、音楽業界の経営者の課題解決を支援するツールの開発をしました。このツールは、経営者視点と現場視点の両面から意思決定の迅速化・高度化を図ります。

 

■株式会社スペースシャワーネットワーク

ディストリビューション事業本部 平田訓子 コメント

これまで、ディストリビューション事業において経営判断の高度化・迅速化、および意思決定の際の客観的指標の欠如に課題を抱えていました。こうした課題をデータで解決するため、株式会社野村総合研究所と共に、この "Discovery Dashboard" を開発しました。 "Discovery Dashboard"   は、旧譜カタログ楽曲の再活性化だけでなく、新譜リリースを控えたアーティストの成長性の確認などにも活用でき、様々な判断をデータドリブン化していきます。この"Discovery Dashboard" を通じて、クライアントの皆さまへ最大限の付加価値を提供していきたいと考えています。

 

<株式会社スペースシャワーネットワークについて>
音楽専門チャンネル スペースシャワーTVの運営をはじめ、音楽イベントの企画制作、アーティストマネジメント、音楽レーベル、ディストリビューション、ライブハウスの運営など様々なメディアやコンテンツを通じ、多角的・複合的に日本の音楽カルチャーを発信しています。